高等研究院

Search
ホームホーム
サイトマップサイトマップ
JAPANESE
ENGLISH

高等研究院

ORGANIZATION

組織・メンバー

  • 院長
  • 栄誉教授
  • 特別主幹教授
  • 特別准教授
  • 高等研究院特別顧問
  • 組織図
  • パンフレット
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • リンク

KYUSYU UNIVERSITY

院長
専門分野 : 数理生物学
巌佐 庸(Yoh Iwasa)
巌佐 庸(Yoh Iwasa ※「高等研究院長あいさつ」に掲載

栄誉教授
名前
K. BARRY SHARPLESS
Muhammad Yunus

特別主幹教授

超分子化学・分子認識・機能性高分子

新海 征治(Seiji SHINKAI)
新海 征治(Seiji SHINKAI) 種々の社会指標となる統計データを観ていると、“Japan as number one” と言われた1980年代をピークに、日本社会は後退期に入っているように感じられます。このような状況を打破するエネルギーは、若い世代が持つ溌剌とした感性に秘められていると私は考えています。それだけに、次世代を担う優れた人材を育成することの重要性が益々増大しているのは間違いありません。
私は平成20年3月末日を以って、九州大学を定年退職しました。先輩諸氏からは、「古いものを何か捨てないと、新しいものは手に入らない」とアドバイスされていましたので、その覚悟をして前進すべく準備を進めていました。
ところが、一年半が経過した平成21年10月に、九大に新たに創設される高等研究院の特別主幹教授に就任するようにという招聘状が舞い込みました。さてどうしたものか?
前向きの決断を後押ししたのは、「現在の閉塞感を打ち破るには、若手人材育成に通じる研究・教育環境の本質的改革が不可欠」というかねてからの信条でした。現在、日本社会の後退を食い止めるための試みが幾つか実施されています。これらは一定の効果は発揮してはいますが、私は対症療法の域を出ないものが多いように感じています。より本質的な療法は研究・教育環境を出発点から整え直すことではないかと考えます。これは時間とエネルギーがかかる方策ですが、結果的には一番の早道であり、本質的な解決に繋がっているはずです。
結論として、高等研究院における特別主幹教授のミッションは、かねてより私の頭の中で回遊していた考え方と合致するように思います。限られた私の能力と時間で、どこまでミッションが達成できるか自信はありませんが、努力をしてみたいと考えています。

免疫遺伝学
笹月健彦(Takehiko SASAZUKI)文部科学省新学術領域研究「HLA進化と疾病」
笹月健彦(Takehiko SASAZUKI) 20世紀後半から始まった国際的な知の競争は、21世紀に入り、いよいよその激しさを増してきました。みずみずしい好奇心と情熱とに溢れる優れた若人の獲得競争が、世界中でおきています。人類社会の未来に、質の高い文化と文明とを保証するためには、知と技術の革新的な進展、そしてそれを担う優秀な人材の育成と登用こそがすべての基盤であることを、先進各国が強く認識したからにほかなりません。
九州大学に新設された高等研究院が、これまでの大学運営の枠を超え、新しい知の創造と技術開発、そしてなによりも、優れた若き研究者創出の場となるよう、及ばずながら微力を捧げたいと思います。

国際医療、平和活動
中村 哲(Tetsu NAKAMURAI)
中村哲(Tetsu NAKAMURA) 特別主幹教授など、自分のような現場人間には縁がないと考えていましたが、お引き受けしたのは訳があります。
仕事上、東部アフガンの地に深く関り、戦争、難民、貧困、干ばつ、民族対立など、多くの厄災を身近に見てきました。しかし、私たちが自負してきた医療や科学技術の無力さをも知りました。私たちの「知の営み」がどこに向かっているのか、感ずるところがあったのです。特に、進行中の大干ばつの対策に追われながら、自然と人間との関わりが、今後あらゆる分野で大きな主題とならざるを得ないと考えてきました。
過去私たちが学び求め、当然としてきたことが、大きく問い直される時代に入っていると実感しています。実際、地球上から経済的なフロンティアが消え、環境変化に脅かされるなど、技術文明が到る所でそのほころびが見えています。世界観もまた、膨大かつ断片的な情報にふりまわされ、確固とした支点を失いつつあるようにも思えます。
この中にあって高等研究院は、学問の分野を超え、時間と忍耐をかけ、総合的に次の時代の「知のベクトル」を紡ぎ出す、意欲的な試みだと理解しています。末席にあって、現場の実情を伝え、母校の微力になればと思っています。


テニュアトラック制教員の紹介
※九州大学テニュアトラック制度についてはこちら
氏名 職位 参加部局 採用年度
吉田 紀生 准教授 理学研究院平成23年度
岡崎 裕典 准教授 理学研究院 平成23年度
田井 明 助教 工学研究院 平成23年度
山西 芳裕 准教授 生体防御医学研究所 平成23年度
柴田 俊生 助教 理学研究院 平成24年度
妹尾 武治 准教授 芸術工学研究院 平成24年度
川端 二功 助教 農学研究院 平成24年度
小菅 佑輔 助教 応用力学研究所 平成24年度
松本 隆史 助教 総合研究博物館 平成24年度


沿革
平成21年10月(2009) 高等研究院設置
平成22年 5月(2010) バリーシャープレス博士に栄誉教授を授与
平成22年 7月(2010) ムハマド・ユヌス氏に栄誉教授を授与
平成24年 2月(2012) 鈴木章先生 2010年ノーベル化学賞受賞記念講演会

歴代高等研究院長
初 代 香月 勗(平成21年10月1日~平成22年3月31日)
第2代 巌佐 庸(平成22年 4月1日~現在)

高等研究院特別顧問
名前 現所属 職名
中村 元臣 九州大学 名誉教授
和田 光史 九州大学 名誉教授
関口 睦夫 福岡歯科大学 先端科学研究センター長 客員教授
岩永 貞昭 一般財団法人 化学及血清療法研究所 顧問
中野 三敏 九州大学 名誉教授
國武 豊喜 北九州産業学術推進機構 理事長

組織図
高等研究院の設置
組織図

www.ias.kyushu-u.ac.jp
6-10-1 HAKOZAKI, HIGASHI-KU, FUKUOKA, 812-8581, JAPAN
Copyright(C) 2007 九州大学高等研究院. All Rights Reserved.