新海 征治 (Seiji SHINKAI)

新海 征治 (SHINKAI Seiji)

特別主幹教授

種々の社会指標となる統計データを観ていると、“Japan as number one” と言われた1980年代をピークに、日本社会は後退期に入っているように感じられます。このような状況を打破するエネルギーは、若い世代が持つ溌剌とした感性に秘められていると私は考えています。
笹月 健彦(Takehiko SASAZUKI)

笹月 健彦 (SASAZUKI Takehiko)

特別主幹教授

20世紀後半から始まった国際的な知の競争は、21世紀に入り、いよいよその激しさを増してきました。みずみずしい好奇心と情熱とに溢れる優れた若人の獲得競争が、世界中でおきています。
國武 豊喜(Toyoki KUNITAKE)

國武 豊喜(KUNITAKE Toyoki)

特別主幹教授

この度、特別主幹教授に就任しました。私は九州大学工学部で高分子化学、分子組織化学の分野で基礎的な研究や教育に一貫して従事してきました。その後、理化学研究所を始めとするいろいろなプロジェクト研究や北九州地域の産学連携を推進する仕事に携わりました。
都甲 潔 (Kiyoshi TOKO)

都甲 潔 (TOKO Kiyoshi )

特別主幹教授

五つ目の基本味である「うま味」を発見した日本、和食がユネスコ無形文化遺産に登録された日本です。また、おもてなしの心を持つ日本とも言われます。味を測る機器である味覚センサは日本で産声を上げました。味覚センサの発明で、初めて味を目で見ることができるようになりました。
新海 征治 (Seiji SHINKAI)

新海 征治 (SHINKAI Seiji)

特別主幹教授

種々の社会指標となる統計データを観ていると、“Japan as number one” と言われた1980年代をピークに、日本社会は後退期に入っているように感じられます。このような状況を打破するエネルギーは、若い世代が持つ溌剌とした感性に秘められていると私は考えています。
笹月 健彦(Takehiko SASAZUKI)

笹月 健彦 (SASAZUKI Takehiko)

特別主幹教授

20世紀後半から始まった国際的な知の競争は、21世紀に入り、いよいよその激しさを増してきました。みずみずしい好奇心と情熱とに溢れる優れた若人の獲得競争が、世界中でおきています。
國武 豊喜(Toyoki KUNITAKE)

國武 豊喜(KUNITAKE Toyoki)

特別主幹教授

この度、特別主幹教授に就任しました。私は九州大学工学部で高分子化学、分子組織化学の分野で基礎的な研究や教育に一貫して従事してきました。その後、理化学研究所を始めとするいろいろなプロジェクト研究や北九州地域の産学連携を推進する仕事に携わりました。
都甲 潔 (Kiyoshi TOKO)

都甲 潔 (TOKO Kiyoshi )

特別主幹教授

五つ目の基本味である「うま味」を発見した日本、和食がユネスコ無形文化遺産に登録された日本です。また、おもてなしの心を持つ日本とも言われます。味を測る機器である味覚センサは日本で産声を上げました。味覚センサの発明で、初めて味を目で見ることができるようになりました。