井上 和秀 (INOUE Kazuhide )

九州大学高等研究院 特別主幹教授


専門分野 
神経薬理・神経化学

慢性疼痛におけるミクログリア機能の解明、
そしてATP受容体の生理機能の解明

メッセージ

九州大学が、辺鄙なこの福岡の地にあって、真に国際的な研究・教育の一大拠点大学となるためには、世界に通用するずば抜けた研究力とそれをバックボーンとしたダイバーシティーな教育システムが必要となる。そしてそれを達成するに必要な人材が必須である。高等研究院の使命はそのような人材を「九大ルネッサンスプロジェクト」の名の下に育て上げる孵卵器となり、また近視眼的な視点に陥りそうな研究・教育現場に対して、高い理想とロングスパンの構想を提示し続けることであろう。

大学本部にて職務を遂行している間、そのような高邁な理想的な機能を高等研究院に求め続けてきたが、まさか自分が特別主幹教授としてその一員となるとは予想をしていなかった。自分が値するに足るものであるか自問自答を繰り返しながら、一歩一歩理想に近づいていきたいと思っている。

学歴

昭和48年 3月

九州大学薬学部卒業

昭和50年 3月

九州大学大学院薬学研究科修士課程修了

昭和60年 7月

薬学博士

職歴

昭和53年4月

厚生省入省 国立衛生試験所安全性生物試験研究センター薬理部配属

昭和60年8月~昭和62年9月

米国国立衛生研究所(NIH)客員研究員

平成3年9月~平成4年2月

英国ユニバーシティカレッジロンドン(UCL)名誉客員研究員

平成14年10月

国立医薬品食品衛生研究所代謝生化学部長

平成17年1月

九州大学大学院薬学研究院教授

平成21年5月

九州大学主幹教授

平成22年4月

九州大学大学院薬学研究院長

平成26年10月

九州大学理事・副学長
九州大学特任教授

令和2年10月

九州大学特別主幹教授

学術賞・受賞

平成19年度

文部科学大臣表彰・科学技術賞

平成22年度

日本薬理学会江橋節郎賞
スペイン国王褒章と「Royal Academy of Pharmacy」(外国会員)の永世付与

平成25年度

日本薬学会賞

平成26年度

紫綬褒章

主要業績

  1. M. Tsuda, Y. Shigemoto-Mogami, S. Koizumi, A. Mizokoshi、, S. Kohsaka, M. W. Salter and K. Inoue. P2X4 receptors induced in spinal microglia gate tactile allodynia after nerve injury. Nature 424, 778-783, 2003
  2. J.A.M. Coull, S. Beggs, D. Boudreau, D. Boivin, M. Tsuda, K. Inoue, C.Gravel, M.W. Salter and Y. De Koninck. BDNF from microglia mediates the shift in neuronal anion gradient that underlies neuropathic pain. Nature 438, 1017-1021, 2005
  3. S. Koizumi, Y. Shigemoto-Mogami, K. Nasu-Tada, Y. Shinozaki, K. Ohsawa, M. Tsuda, B.V. Joshi, K.A. Jacobson, S. Kohsaka, K. Inoue. UDP acting at P2Y6 receptors is a mediator of microglial phagocytosis. Nature 446, 1091-1095, 2007
  4. Nakaya M, et al. GRK6 deficiency in mice causes autoimmune disease due to impaired apoptotic cell clearance. Nat Commun. 4:1532, 2013
  5. T. Masuda, S. Iwamoto, R. Yoshinaga, H. Tozaki-Saitoh A. Nishiyama, T. W. Mak, T. Tamura, M. Tsuda, K. Inoue. Transcription factor IRF5 drives P2X4R+ reactive microglia gating neuropathic pain. Nat Commun. 5:3771, 2014
  6. M. Shiratori-Hayashi, K. Koga, H. Tozaki-Saitoh, Y. Kohro, H. Toyonaga, C. Yamaguchi, A. Hasegawa, T. Nakahara, J. Hachisuka, S. Akira, H. Okano, M. Furue, K. Inoue & M. Tsuda. STAT3-dependent reactive astrogliosis in the spinal dorsal horn underlies chronic itch.Nat Med. 21:927-31, 2015
  1. S. Koyanagi, N. Kusunose, M. Taniguchi, T. Akamine, Y. Kanado, Y. Ozono, T. Masuda, Y. Kohro, N. Matsunaga, M. Tsuda, M. Salter, K. Inoue, and S. Ohdo. Glucocorticoid regulation of ATP release from spinal astrocytes underlies diurnal exacerbation of neuropathic mechanical allodynia. Nat Commun. 7:13102, 2016
  2. Hayashi Y, Morinaga S, Zhang J, Satoh Y, Meredith AL, Nakata T, Wu Z, Kohsaka S, Inoue K, Nakanishi H. BK channels in microglia are required for morphine-induced hyperalgesia. Nat Commun. 7:11697, 2016
  3. T. Masuda, Y. Ozono, S. Mikuriya, Y. Kohro, H. Tozaki-Saitoh, K. Iwatsuki, H. Uneyama, R. Ichikawa, M. W. Salter, M. Tsuda, K. Inoue. Dorsal horn neurons release extracellular ATP in neuropathic pain in a VNUT-dependent manner. Nat Commun. 7:12529, 2016
  4. Inoue K, Tsuda M. Microglia in neuropathic pain: cellular and molecular mechanisms and therapeutic potential. Nature Rev Neurosci 19(3):138-152, 2018
  5. Y. Kohro, T. Matsuda, K. Yoshihara, K. Kohno, K. Koga, R. Katsuragi, T. Oka, R. Tashima, S. Muneta, T. Yamane, S. Okada, K. Momokino, A. Furusho, K. Hamase, T. Oti, H. Sakamoto, K. Hayashida, R. Kobayashi, T. Horii, I. Hatada, H. Tozaki-Saitoh, K. Mikoshiba, V. Taylor, K. Inoue, M. Tsuda. Spinal astrocytes in superficial laminae gate brainstem descending control of mechanosensory hypersensitivity. Nat Neurosci. 23(11):1376-1387, 2020